低用量ピルで卵巣機能不全も改善

卵巣機能不全は卵巣の機能が低下する事で、様々な症状を引き起こす婦人病の1つです。

女性の体の中では、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという、2つの女性ホルモンが作られています。
これらのホルモンを作っているのが卵巣です。

ストレスなどによって卵巣の機能が低下してしまうと、ホルモンバランスが乱れやすくなります。
すると月経周期がおかしくなったり、生理の量が少ない、逆に多いといった月経困難や、生理がこなくなる無月経を引き起こす原因となってしまうのです。

この他にも生理がだらだらと長く続く症状も、卵巣機能不全で起こると言われています。
卵巣機能不全を放置してしまうと、最終的に不妊へと繋がってしまう為、早めに対処して改善しましょう。

卵巣機能不全の治療法にはいくつかの種類がありますが、その1つに挙げられるのが低用量ピルでの治療です。
ピルは避妊薬としてのイメージが強い薬ですが、ホルモンバランスに作用する事から、多くの婦人科系の病気の治療にも用いられています。

低用量ピルは体内の女性ホルモンバランスを変え、排卵をストップさせる効果を持っています。
卵巣機能不全になっている場合、卵巣が疲れている場合が多い為、1度低用量ピルによって休ませる事で、機能を回復させるのです。
また、生理の周期をコントロールできる為、生理不順の改善にも有効です。

生理の量が多くなる月経過多の場合、子宮内膜が厚くなり過ぎています。
低用量ピルは子宮内膜が厚くなり過ぎないようにする作用もある為、生理の量が多い方にもお勧めです。

ピルといえば副作用の強い薬と思われがちですが、低用量であれば副作用の心配はほとんどありません。

生理は毎月やってきます。
不快な症状や心配な症状を解消する為にも、低用量ピルでの治療を検討してみましょう。