内診にて過多月経だったら低用量ピルを使おう

過多月経に悩む女性が増えています。
過多月経とは月経の経血の量が極端に多く、出血が増えすぎて貧血状態になってしまったり、だるくて起き上がれないなどのつらい症状を伴ってしまうものです。
ナプキンやタンポンでは追いつかないほどの経血の出血がある方もいて、月経中は外出もままならないという方もいらっしゃるのです。

こうした方への治療に適しているのが低用量ピルです。
低用量ピルは避妊専用の薬と考えられていますが、もちろん高い避妊効果を発揮する優れた薬です。
それと同時に実はピルは月経を軽くするための薬でもあるのです。
低用量ピルのメカニズムは体の中に妊娠したのと似た状態を作り出すところにあります。
通常女性の体は月経の始まる時にホルモンが分泌されて卵巣に働きかけて卵胞を充実させます。
この卵胞が大きくなるとエストロゲンという女性ホルモンが作られて一定の濃度に達すると下垂体からLHという別のホルモンを分泌させます。
このホルモンにより卵胞の発育が停止して排卵が始まります。
そのあとでプロゲステロンやエストロゲンという女性ホルモンが分泌されて子宮内膜が充実を始めます。
この子宮内膜が剥がれ落ちて月経の経血となるのです。
ピルを飲むことで、下垂体に十分な卵胞がある認識を与え、ホルモンバランスを変えることができるので生理を軽くする効果が発揮されるのです。

このように低用量ピルを飲んだことで過多月経が緩和され、生活しやすくなったという方は多くいらっしゃいます。
こうして月経の緩和のためにピルを活用する際には正しい飲み方がありますので、飲み忘れのないように工夫しながら毎日同じ時間に服用するのが良いでしょう。
月経が軽くなると女性はもっと自由になり生活のクオリティーを引き上げることができます。