救急箱に常備したい低用量ピル錠剤の種類

避妊方法といえば、コンドームを頭に浮かべる人も少なくないかもしれませんが、コンドームによる避妊は男性が主導となり、女性は受け身になってしまいます。
それに比べピルは、ほぼ100パーセントに近い避妊効果が可能で、かつ女性主導となる避妊方法といえます。
ピルの中でも、万一コンドームなどによる避妊が失敗した場合のために服用する緊急避妊薬もあるので、常備しておくと安心です。

ピルは、女性が主体的に避妊をはかることができる方法として、最近では日本でも利用する人が増えています。
ピルには、黄体ホルモンや卵胞ホルモンという女性ホルモンに作用してホルモンの分泌量を抑制することで妊娠を防ぐことができます。
現在多くの人が利用しているピルは、このホルモンバランスに作用する成分の含有量が少ない低用量ピルが一般的で、体に負担が少なく、徐々にホルモンバランスを整え、副作用のリスクが低いというのが特徴です。
低用量ピルは、基本的には1日に1回決められた時間に服用し、3週間飲んで1週間休むというのがほとんどで、それによって避妊効果を得ることが可能となります。そのため性行為を行う前に避妊が完了しているのが特徴です。
一方、緊急避妊薬は、性行為が終わった後に服用することで避妊効果を得るというのが大きな違いです。
ただ緊急避妊薬は、黄体ホルモンに強く作用することで強制的に生理を引き起こすため、体に負担をかけてしまいます。
そのため低用量ピルのような日常的な使用は控える必要があり、あくまでも避妊に失敗した場合に使用するということを知っておく必要があります。

どちらにしても、避妊効果や月経不順、子宮内膜症などの改善にも効果があるので、自分にあったピルを見つけて常備しておくと安心ですね。